オイリー肌なら軽めの洗顔がオススメ

洗顔

油肌でついつい顔を多く洗ってしまう、黒ずみが気になってしまう方は、逆転の発想をしてみましょう。

それは「強くゴシゴシ洗わない」という方法です。顔の皮膚は油を完全に落とすと、保護を目的としてより多くの油を出そうとするからです。お手軽に実行できる2つの方法を実践し、脱オイリー肌を目指してみましょう。

洗顔料は薄めて使う

チューブタイプの洗顔料は、「2cm程度を手に取り泡立ててご利用ください」と書いてあります。これを薄めて使うとオイリー感が永続的に感じなくなるようになります。

泡立つような感じでは無く、顔全体の油が落ちるかな程度の量で洗顔するのです。さっぱり感と清涼感も感じられて、皮膚には少しの油が残ります。経済的な面でもオススメの方法です。

お湯のみで洗顔する

お寿司屋さんのお茶が熱いのは、前に食べた魚の油を洗い流し次のネタをよく味わってもらいたいからだそうです。顔の油に関しても、実はお湯で洗い落とすことができます。

当然、お湯だけでは完全に油は落とせません。しかし、余分に出る分の油は減じることができます。事実、水での洗顔よりはさっぱりとした洗い心地が感じられるはずです。

効果が現れるのは2週間後ほど

自然に出てくる油を残すタイプのケアですと、結果が出るのは約2週間後になります。体質の変化を目的としているので、結果が出るのには時間がかかってしまうのです。

しかし、安価に余分な道具などは一切しようしないで脱オイリー肌ができる方法なので、一度試してみると良いでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る