敏感肌の原因と改善方法について

美容 イメージ

最近は、自分のお肌が弱い、敏感肌だと感じる女性が増えてきました。

私もかなりの乾燥肌で、季節の変わり目や花粉症の時期などには、相当肌が荒れて、化粧水に刺激を感じます。

皮膚医学上は敏感肌という分類はないそうですが、敏感肌となる原因や改善方法はあるようで、間違ったケアを続けていると、治りも悪くなるそう。

今回は、敏感肌の原因とケア方法についてご紹介していきたいと思います。

敏感肌とは

僅かな刺激に対して、肌が過敏に反応してしまう状態を敏感肌と呼びます。

肌には外的な刺激から肌を守るバリア機能が備わっているのですが、そのバリアが弱まると刺激が肌の内側に入り込みやすくなり、結果的に敏感肌になってしまうというケースが多いのです。

原因は特定されておらず、ストレスによるものや、不規則な生活習慣、間違ったスキンケア、アレルギーなど多々あります。

肌荒れが酷くなったり、その結果、化粧水がしみてヒリヒリするようなことがあれば、敏感肌の可能性があります。

敏感肌を治す基本のケア

敏感肌の改善方法はまずは保湿にあります。

それというのもバリア機能が弱くなってしまうのは、肌の水分が不足していることに起因しているからなのです。

そのためまずは普段のスキンケアの見直しから始めましょう。

もし今使用している化粧品によって何らかの刺激があると感じているのであれば、使うのを止めてみる必要があります。

それで改善するのであれば、敏感肌の原因が化粧品にあったということになります。

他にも洗顔から一つずつ確認していくことが大事です。

肌を不用意に擦り過ぎないことが第一です。

敏感肌はただでさえ刺激を受けやすくなっているので、あえてそこに自ら刺激を与えるような行為は避けなければなりません。優しくそっと洗い、その後はしっかりと保湿をしましょう。

生活習慣を見直す

また普段の生活に潜む原因として、寝不足や食生活の乱れ、もしくはストレスによるターンオーバーの遅れが指摘されています。

体を休めることも肌の調子を整えることに繋がりますので、日々の生活の中から改善できることをしていきましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る